恒例になりました

今年も川越駅から近い「三番町ギャラリー」にての展示、3日火曜よりスタートいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもスタートしてからのお知らせで恐縮です。パラソルは今年の新柄とアーカイブ柄をピックアップ。あけびの籠はリネンと組み合わせたものも。扇子、団扇、草木染めのバッグなど。ほぼ一点ものになります。

 

ギャラリーのオーナーである建築家 草野さんご夫婦は川越の街の保護と若手アーティストの育成に尽力されています。そんな活動の発信地でもある「三番町ギャラリー」は川越駅からすぐの立地にあります。

breezyblue 「夏の日傘とあけび籠」

7月3日火曜- 8日日曜 12:00-18:00

三番町ギャラリー

埼玉県川越市南通町14−3 三番町ハウス 1F

 

余談:

今回ギャラリー徒歩圏に発見した小さなお洒落コミュニティ、

お花やさん、美容院、カフェ(ベトナム料理が美味しい!)のある統一感の取れた敷地内になんと単館上映スペースが。その名も「川越スカラ座」

丁度、ギャラリーでの展示期間中に写真家 鋤田正義のドキュメンタリー「SUKITA」、熊谷守一の伝記「モリのいる場所」、と魅力的なラインナップ。6日迄の上映でしかも一日一回でなかなかタイミングが難しいですが、ご興味のある方は是非!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。